ポイントは立体メイク!

小顔のポイントは、「立体メイク」。
肌色が均一だと、のっぺりの大顔に見えてしまうといわれています。
つまり、中心部分を目立たせ、外側の額縁部分に影を入れれば、目の錯覚で小顔に見えるわけです。

では、小顔ベースメイクの具体的なやり方をご紹介しましょう。

小顔ベースメイクレッスン

【STEP 1】
リキッドファンデーションを全体に塗ります。
【STEP 2】
顔の額縁部分、つまり目尻から外の部分に、一段暗い色のファンデーション(またはコンシーラー)をのせ、自然になるように境目をぼかします。エラが目立つ人も、こうしてエラに影をつけるとかなり小顔に近づきます。
【STEP 3】
鼻を高く見せるため、眉のすぐ下から薄くノーズシャドウを入れます。
【STEP 4】
次は中心部分を目立たせ、額や鼻、アゴ先にハイライトをのせます(白か、白に近い黄色が良いでしょう)。頬の上にも少しのせると、健康的な肌色になります。

チークを使って華やか小顔に!

チークは華やかにしてくれるだけでなく、上手に使えば陰影を出して小顔に見せてくれます。
具体的な方法を以下にご紹介しましょう。

チークで健康小顔メイク

【STEP 1】
頬骨からこめかみまでチークをのせます。均一に、ふわっという感じに入れると良いでしょう。
【STEP 2】
頬骨の一番高いところにチークをのせます。この時に、1よりも少し濃い目に入れるのがポイントです。こうする事で、頬がすっきり上がって見えます(ただし頬骨を気にしている人は、少し下のほうに入れたほうが骨が目立たず可愛く仕上がります)。
【STEP3】
目尻から髪の生え際にかけて薄くチークを入れます。
【STEP 4】
「STEP3」で入れたチークより少し上の部分にも、薄くチークを入れます。色は「STEP3」のチークよりもさらに薄くしましょう。
こうする事で額縁部分に影ができて小顔に見えます。