顔がゆがんでしまう原因は?

笑った時の口角の位置が左右で違ったり、目の大きさが違ったり。
顔のゆがみが気になっている人は多いのではないかと思います。
そもそも完全に左右対称の顔を持っている人はほとんどいないそうですが、何故このような顔のゆがみが生じてしまうのでしょうか。

実は顔のゆがみの原因の多くが、生活習慣によるものといわれています。
そもそも体にゆがみが生じれば、首でつながっている顔も影響を受けてゆがんできてしまうのです。
たとえば猫背などの悪い姿勢やバッグをいつも片方の肩だけに掛けて持ったり、足を組んだりするのも原因のひとつ。
また、頬づえをついたり、いつも片方の歯だけでものを噛んだりするのも、ゆがみにつながる習慣です。そして、歯の噛みあわせが悪い人も、顔がゆがみやすくなります。

顔のゆがみをチェック

鏡で自分の顔をよく見てみましょう。

●両目の大きさと位置は左右で同じですか?
●鼻すじはまっすぐ通っていますか?
●輪郭は左右で同じですか?
●口角の位置は? 頬骨の高さと位置は?

ひとつでも気になる項目があったら顔のゆがみの注意信号です。

ゆがみを解消する方法

ゆがみは見た目のバランスが悪いだけではなく、放置しておくとむくみやたるみ、しわの原因にもなります。
逆に言えば、ゆがみを解消する事で、ダイエット効果が現れやすくなり、小顔効果も期待できるのです。
では、顔のゆがみを解消する方法をご紹介しましょう。

一番手軽なのは、ツボを自分で刺激する方法です。
顔のゆがみに効くのは「かんりょう」のツボ。
目尻の端に指をあて、まっすぐ下におろしていくと、頬骨があります。その頬骨の下に指をあて、押し上げるように刺激しましょう。
この時に「あ・い・う・え・お」と口を大きく開きながら発音すると、より効果的です。
また、口の両端から左右に5ミリほど離れた場所にある「地倉」も、ゆがみに良いといわれています。
指先で押しながら回すように刺激しましょう。ちなみにこのツボは美肌にも良いそうです。

ツボよりも即効性があり、目に見える効果があるのはやっぱり骨格矯正です。
手による優しい施術でゆがみを解消し、靭帯力をつけてゆがみの無い状態をキープします。

自分の顔をよく見て、中心線が直線的にカクッという感じで曲がっている場合は、体のゆがみが顔のゆがみを引きおこしている状態です。
このタイプのゆがみは、骨格矯正で改善する事ができます。

また、曲線的にゆがんでいる場合は、ゆがみというより骨そのものの形状が原因
これも骨格矯正が役に立ちますが、一回の施術ですぐに解消するのは難しく、回数を重ねながら少しずつ改善していく形になります。