大顔チェックしてみましょう

顔の悩みの中でもとても多いのが、頬骨、エラ、アゴなのだそうです。ここを直せば少しはキレイになれるのに…と考えている女性も多いのでは?
でも、実は他人から見たらさほどでもないのに、本人だけが気にしている場合もありますよね。

そこで、本当に頬骨・エラ・アゴが大きめなのかを確かめるチェック法をご紹介します。

まず、自分の顔を鏡で、正面からよく見てみましょう。
目、鼻、口という重要なパーツの外側に輪郭、この外側の部分を額縁と呼び、額縁の部分が広ければ広いほど「大顔」に見えてしまいます。
目安は目尻からアゴ先まで線を引いてみた時、外側部分が3センチ以上ある人は可能性があります。

では、具体的に見ていきましょう。

気になるのは頬骨?エラ?アゴ?

上半分が特に気になる人は、目尻に注目してみましょう。
目尻の下のほうにある骨(つまり頬骨ですね)が顔の外側に張り出していると、横幅が広くなり結果として大顔に見えてしまいます。

下半分が特に気になる人は、エラやアゴに注目してみましょう。
美しいエラの長さは、耳たぶから下に約1センチと言われ、それより長いと、エラが張って見える原因になります。
また、長さだけでなく形も重要。横から見た時、普通のエラは耳たぶからエラの角までが真っすぐなのですが、これが後ろに下がっているとエラが目立ってしまいます。
ちなみに、エラ張りの原因が骨ではなく筋肉の場合もあります。エラの部分に手をあてたまま歯をぐっと噛みしめてみて、筋肉が大きくふくらんでくるのがわかる人は、咬 筋が必要以上に発達している可能性があります(これも骨格矯正で改善できます)。

そして、エラ、アゴだと思っていたものが、実は骨ではなくお肉だった…という事もあります。
正面から鏡を見て両手の人さし指をエラの角に当ててみた時、指よりも横にはみだしている部分はエラではなくです。

頬骨、エラ、アゴが目立つと、せっかく目や鼻が愛らしい形をしていても、どこか男っぽくゴツかったり、貫禄のある印象を人に与えてしまいます。

頬骨・エラ・アゴの悩みを解決する方法

頬骨・エラ・アゴの悩み解決方法は「骨格矯正、美容整形の骨削り、エステなどの施術」の3つ。(もしかしたら、他にもあるかもしれませんが…)

このサイトで紹介している骨格矯正は、美容整形よりもずっと費用も安く、エステとほとんど変わらない手軽さで、骨格そのものにアプローチするというものです。
器具を使わずに手を使いながら、優しく出すぎている頬骨を正しい場所に戻して、エラを内側に寄せアゴの形を綺麗に整えます。

頬骨、エラ、アゴが整うと、すっきりしてあか抜けた印象に!
都会的な小顔になるので、今風のヘアメイクやファッションも似合うようになりますよ。